少額1万を即日借りる意外な方法

少額1万を即日借りる意外な方法

カードローン以外なら「クレジットカード」

1万円を借りるのであれば、カードローンを利用したり家族や友人・会社などから借りると言った方法があり、中でも後者に関しては低リスクで利用することが出来るというメリットがあります。学生であれば1万円が重要な金額である状況も多く、そう簡単には借りられないこともあるでしょう。しかし、一般的な社会人であれば1万円程度の貸し借りはそれほど抵抗なく行える状況も多くなるので、余程の事情が無い限りは十分に可能性があります。個人的な感覚になってしまいますが、ある程度信頼している友人であればすんなりと1万円を貸すことも出来ますが、そうでない人なら100円ですら貸したいとは思いません。

例えば、目の前でジュースを購入する為に小銭が足りないから貸してほしいと言われれば可能性はまだありますが、かしこまって生活費が足りないから1万円を貸してほしいと頼まれたとしたら、申し訳ないと思うことも無く断るでしょう。要するに、友人から1万円を借りたいと思うのであれば、それまでにその友人とどういった関係を築くことが出来ているのかを意識する必要があるということです。一定以上の信頼関係が構築されているのであれば、1万円と言う少額から10万円超の高額まで相談に乗ってもらえる可能性は十分にあるでしょう。そういった友人が思い当たらない場合は、「クレジットカード」を活用すると効果的です。クレジットカードと言うと、基本的にはショッピング時に使用しうる選択肢として知られていますが、知っている人も多い通り「クレジットカードのキャッシング枠を利用することでお金を借りることが出来る」ので、このキャッシング枠を利用して1万円を手にすることが出来ます。

改めてクレジットカードを契約するということならば時間がかかってしまうことが多いため、即日1万円を借りられる可能性は低くなってしまいます。しかし、すでに利用しているクレジットカードのキャッシング枠を利用するのであれば、カードを持ってコンビニなどのATMからすぐにでも出金することが出来るので、思い立ってから数分で1万円を手に出来る可能性も十分にあります。クレジットカードを利用したキャッシングに関しては、クレジットカード所有者が全員利用出来ると言う訳ではありません。中にはショッピング枠しか付与されていない人も居るため、あくまでも「キャッシング枠がある」と言う前提が必要になります。

 

自分で現金化をすることも可能

クレジットカードを持っていない・作れない、キャッシング枠が付与されていない・使い切っていると言った状況であり、クレジットカードを使ってお金を借りることが出来ない状況にある場合は、「現金化」によってお金を作る方法を検討してみても良いでしょう。例えば、よく聞くものでは「クレジットカード(ショッピング枠)の現金化」と言うものがあります。内容は、クレジットカードで商品を購入し、その商品を買い取ってもらう形で現金化すると言うものですが、実はこのクレジットカードの現金化はリスクが大きいと言うことであまり推奨することはできませんが、安全な範囲で「業者に頼らずに自分で現金化する」と言う方法であれば安心できます。

内容は基本的なクレジットカードの現金化とほとんど同じですが、安全性が高まる様に全てを自分で完結させます。クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をし、購入した商品をすぐに質屋やリサイクルショップなどで買取ってもらいます。現金が欲しいのであればクレジットカードで何らかの商品を購入し、それをすぐにリサイクルショップなどで買取ってもらうと言うものです。何を購入するのかの判断が重要で、出来る限り換金率が高いものを購入・売却する必要があります。例としては「スマートフォンやゲーム(ハード・ソフト)」などがあり、換金率が低いものを購入してしまうと損をする割合が大きくなります。

金券などを購入することが出来れば一番良い(換金率が高い)のですが、残念ながらそれは難しいので家電などを購入すると良いでしょう。クレジットカードを持っていない人でも、スマートフォンなどで「キャリア決済」を利用することで同様のことが可能です。電子マネーなどを持っていればそれを使っても良いですし、IDなどが利用できればそれで商品を購入しても大丈夫です。そういったものが全て利用できないのであれば、多少の時間はかかるかもしれませんがキャリア決済で商品を購入し、それを売却して現金化すると良いでしょう。

名目的に「借りる」と言うものからは少しずれてしまいますが、「ローンで購入する=借りると同義である」という見方も出来ないわけではありません。必ずしも直接的な現金授受が行われなければいけないと言う訳では無く、利用出来る手段と時間的猶予を考えれば色々な選択肢があると言うことを覚えておくと、緊急時にも落ち着いて対応できる可能性が高くなります。